BLOG

ブログ

みなさんこんにちは!
間が空いてしまいましたが、今日は前回の続き、「くすみ」についてお伝えします😊
まず、前回は「くすみ」の種類をお伝えしましたが、そのタイプと原因、お手入れ方法をお伝えします。
前回にもお伝えしましたが、「くすみ」は大きく次の5つの種類に分けられます☝🏻
①角質肥厚型
②乾燥型
③血行不良型
④糖化型
⑤メラニン型
まず、①角質肥厚型ですが、特徴としては灰色がかっています。(特にひじやひざ、かかとに多くみられます)
原因はターンオーバーの遅れが原因で角質肥厚が起こり、肌がくすみます。
お手入れ方法は、ピーリングや酵素、スクラブ洗顔、ピールオフパック、拭き取り化粧水などで余分な角質を取り除きます。(アレルギーの方は避けてください)
②の乾燥型ですが、特徴はキメが乱れており、透明感やツヤがない。
原因は、加齢や乾燥がキメが乱れ、肌の表面で凹凸ができ光が乱反射することで肌がくすみます。
お手入れ方法は保湿美容液、マスクやパックを取り入れ、保湿ケアすることが大切です。
③の血行不良型は、特徴は血色が悪く青黒いです。原因は加齢や疲労、睡眠不足などが原因で血行が悪くなり、肌がくすみます。
お手入れ方法は、血行を良くするためにマッサージやホットタオル、入浴が大切です。タバコも控え、適度に運動することです。
④の糖化型ですが、特徴は茶色っぽい黄ぐすみがあります。(黄褐色)
原因は肌の中でタンパク質と糖が結びつき、褐色のものを作り出すためです。
お手入れ方法は、カモミール、ドクダミなどをとり、血糖値を急増させない食事を心がけましょう。
最後⑤のメラニン方ですが、特徴は肌に色むらがあり黄みがかっています。
原因は紫外線や肌の摩擦によりメラニン色素が作られます。このメラニンが排出されずに残ってしまうと色素が沈着して肌がくすみます。
お手入れ方法は紫外線をカットして美白ケアを行いましょう。ターンオーバーを促し、メラニンを滞らせないようにしましょう。
いかがでしたか?
「くすみ」が気になる方は、まずはご自身がどんな「くすみ」なのかを理解した上で、効果的なお手入れ方法をしましょう☝🏻
タイプが違うと、お手入れをしていても一向に良くなりません。
まずは自分のくすみタイプを知ることが大事ですね😊
次回は「くま」についてお伝えしたいと思います!
ではまた✨🙏🏻

 

8wHrygQdRp.jpg

関連記事一覧