BLOG

ブログ

みなさんこんにちは🌞

今日は前回に引き続き、毛穴についてお伝えしていきます。
今回は、毛穴のタイプ別と、そのお手入れ方法についてお伝えします。
まず毛穴のタイプは、おおまかに3種類に分けられます☝🏻
まず1つ目は、「詰まり毛穴」です。
これは、角質肥厚によって毛穴が詰まった状態のことを表します。
皮脂や老化角質、汚れがなどが混ざり合って、白い塊(角栓)になります。
さらに、空気や紫外線に触れやすいので、鼻の頭では白い塊が酸化されて、黒い塊になる場合もあります。
「詰まり毛穴」は、Tゾーンの毛穴に多く、小鼻の溝や鼻の頭に特に多いです。
この「詰まり毛穴」のお手入れ方法ですが、少し吸着力のあるものや酵素で洗顔をし、クレイ系のパック、スクラブ剤などを活用します。
また、洗顔前にホットタオルで毛穴を開かせたり、美容液を使用して優しい毛穴ストレッチも有効です。酸化して黒くなってしまった毛穴には、抗酸化効果の高い化粧品でお手入れをしましょう。
次に「たるみ毛穴」です。
「たるみ毛穴」は、その名の通りたるみが原因となって毛穴が帯状になった状態のことを言います。
特に頬っぺたの毛穴に多いです。
真皮の老化により、ハリの低下がおこり、毛穴を支えきれなくなります。
毛穴が落ち込むことで、毛穴周りの皮膚も毛穴に落ち込み、毛穴が開いて見えます。
お手入れ方法ですが、真皮層にハリや弾力を戻してあげることが重要なので、コラーゲンを増やす働きがあるレチノール、抗酸化効果の高いビタミンC誘導体やコエンザイムQ10などを配合した化粧品でお手入れをしましょう。
最後に「開き毛穴」です。
これは、皮脂の過剰分泌により毛穴が開いた状態を言います。
顔全体が皮脂に覆われ、また鼻周辺では角化異常によって毛穴の開きが目立ちやすくなります。
オイリー肌の人に多く、水分不足により水分と油分のバランスが崩れることによってあらわれることもあります。
お手入れ方法ですが、皮脂が多いので、日中はティッシュなどで余分な皮脂を取り除き、優しい洗顔で肌を清潔に保ちましょう。
スキンケアを怠らず、油分が少なめで保湿効果の高い化粧品でお手入れをします。
ビタミンC誘導体は皮脂の抑制効果もありますので効果的です。
また、皮脂分泌過剰につながる糖質のとりすぎやストレスにも注意しましょう。
いかがですか?😊
コスメティックで毛穴を隠すのももちろん大事ですが、大事なのは、そもそもの毛穴を目立たなくすることから始まります。
ぜひ参考にしてみてください🙌🏻
ではまた🙏🏻
McOz1fU0Yo.JPG

関連記事一覧